上野家文(読み)うわの かぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野家文 うわの-かぶん

1735-1808 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)20年生まれ。陸奥(むつ)八戸(はちのへ)(青森県)の商人で,同地俳壇の中心として活動。町家の子らに儒学もおしえた。天明の飢饉(ききん)を記録した「天明卯辰簗(うたてやな)」をのこした。文化5年死去。74歳。名は義隆。通称は伊右衛門別号に白梅舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android