上野家文(読み)うわの かぶん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野家文 うわの-かぶん

1735-1808 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)20年生まれ。陸奥(むつ)八戸(はちのへ)(青森県)の商人で,同地俳壇の中心として活動。町家の子らに儒学もおしえた。天明の飢饉(ききん)を記録した「天明卯辰簗(うたてやな)」をのこした。文化5年死去。74歳。名は義隆。通称は伊右衛門別号に白梅舎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android