コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上野葉子 うえの ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

上野葉子 うえの-ようこ

1886-1927 明治-大正時代の評論家,小説家。
明治19年4月5日生まれ。福井高女教員となり,結婚後は海軍士官の夫の勤務地で教職につく。「青鞜(せいとう)」に明治44年「痛みと芸術と」,45年「「人形の家」より女性問題へ」などを発表。昭和2年死去。42歳。夫の手で翌年「葉子全集」が刊行された。岐阜県出身。東京女高師(現お茶の水女子大)卒。旧姓稲葉。本名はちづ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

上野葉子の関連キーワード大正時代評論家小説家

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android