コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下川原焼(しもかわらやき)土人形

デジタル大辞泉プラスの解説

下川原焼(しもかわらやき)土人形

青森県弘前市周辺を中心に生産される郷土玩具。製造の起源江戸時代後期に遡る。粘土石膏の枠型にはめて人や動物の形をつくり、高温の窯で焼き上げてから彩色したもの。鳩笛が特に有名。県の伝統工芸品に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

下川原焼土人形[人形・玩具]
したかわらやきつちにんぎょう

東北地方、青森県の地域ブランド。
弘前市で製作されている。初代・高谷金蔵が、弘前下川原の地に窯をつくり、日用品を焼くかたわら冬に人形玩具を焼いたのが始まり。江戸時代の末期には、津軽藩領内の子どもたちの遊び玩具となった。赤土と砂を調合した粘土を石膏の型枠にはめて形を整え、およそ800度で数時間窯焼き、色付けをして仕上げる。絵付けはすべて手作業でおこなわれるため、同じ物は一つとしてない。鳩笛や干支人形など数百種類の製品がある。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

下川原焼(しもかわらやき)土人形の関連キーワード東北地方

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android