下布田遺跡(読み)しもふだいせき

国指定史跡ガイドの解説

しもふだいせき【下布田遺跡】


東京都調布市布田にある縄文時代末期の集落跡。ハケと呼ばれる崖線が連なる多摩川河畔の段丘上に所在。この地には、遺跡ベルト地帯といってもよいほど遺跡が連続しているが、そのなかでもこの遺跡は縄文時代終末期の関東地方を代表する貴重な遺跡として、1987年(昭和62)に国の史跡に指定され、2005年(平成17)に範囲を広げて追加指定された。1964年(昭和39)からの数次にわたる調査の結果、長径約1.75m、短径約1.35mのほぼ五角形で、深さ9~12cmの土坑が発見され、数本の石棒が横倒しの状態で出土した。その後の調査では、人の頭くらいの大きさの河原石を600個以上使って、1辺約8mの方形区画に並べた墓域が確認された。埋甕(うめがめ)や関東地方に広くみられる安行(あんぎょう)式土器をはじめ、石鏃(せきぞく)・石斧(せきふ)・石刀・石剣・石冠・耳飾り・勾玉(まがたま)など、生活道具から祭祀用具までが多数出土。東北地方の特徴をもった土器や東海地方の土器も含まれていた。調布市郷土博物館分室で一部資料を展示。京王電鉄京王線布田駅から徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android