安行(読み)あんぎょう

百科事典マイペディアの解説

安行【あんぎょう】

埼玉県川口市の一地区。かつての北足立郡安行村で,江戸時代から安行苗木として著名な盆栽苗木の大産地。一帯は大植物園の観を呈し,植木,果樹苗木,切花を栽培,取引し,全国に販路をもつ。安行式縄文(じょうもん)土器出土地としても有名。
→関連項目川口[市]埼玉[県]鳩ヶ谷[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんぎょう【安行】

埼玉県南部,川口市北東部にある植木,苗木,切花の特産地。1956年同市に編入。安行を中心とした大宮台地南東部は綾瀬川芝川低地樹枝状に入り込んで小起伏に富み,日向と日陰,乾燥した台地や低湿地など様々な土地条件に恵まれ,多種類の植木の栽培適地が多い。切花は赤山物として江戸時代初期に,植木と苗木は吉田権之丞によって始められ,1657年(明暦3)の大火後に江戸へ出荷されたのをきっかけに地の利を生かして発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安行
あんぎょう

埼玉県南東部、川口市北東部の地区。旧安行村。土壌が通気性、排水良好のため苗木、植木の生産に適し、江戸時代から植木栽培が盛んで、埼玉県花と緑の振興センターや川口緑化センターもあり、4月には安行植木祭が行われる。埼玉高速鉄道戸塚安行駅が近い。縄文後期から晩期の安行(猿貝(さるかい))貝塚、縄文から奈良時代の大原遺跡がある。[中山正民]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安行の関連情報