コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安行 あんぎょう

4件 の用語解説(安行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安行
あんぎょう

埼玉県南東部,川口市の北東部の地区。苗木,植木の日本三大産地の一つ。古代の住居跡や土器が発掘されている。付近一帯は安行武南県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

安行【あんぎょう】

埼玉県川口市の一地区。かつての北足立郡安行村で,江戸時代から安行苗木として著名な盆栽苗木の大産地。一帯は大植物園の観を呈し,植木,果樹苗木,切花を栽培,取引し,全国に販路をもつ。
→関連項目川口[市]埼玉[県]鳩ヶ谷[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あんぎょう【安行】

埼玉県南部,川口市北東部にある植木,苗木,切花の特産地。1956年同市に編入。安行を中心とした大宮台地南東部は綾瀬川と芝川の低地が樹枝状に入り込んで小起伏に富み,日向と日陰,乾燥した台地や低湿地など様々な土地条件に恵まれ,多種類の植木の栽培適地が多い。切花は赤山物として江戸時代初期に,植木と苗木は吉田権之丞によって始められ,1657年(明暦3)の大火後に江戸へ出荷されたのをきっかけに地の利を生かして発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安行
あんぎょう

埼玉県南東部、川口市北東部の地区。旧安行村。土壌が通気性、排水良好のため苗木、植木の生産に適し、江戸時代から植木栽培が盛んで、埼玉県花と緑の振興センターや川口緑化センターもあり、4月には安行植木祭が行われる埼玉高速鉄道戸塚安行駅が近い。縄文後期から晩期の安行(猿貝(さるかい))貝塚、縄文から奈良時代の大原遺跡がある。[中山正民]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安行の関連キーワード鳩ヶ谷埼玉県川口市青木埼玉県川口市上青木埼玉県川口市川口埼玉県川口市北園町埼玉県川口市北原台埼玉県川口市里埼玉県川口市芝埼玉県川口市本町埼玉県川口市峯

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安行の関連情報