コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下村春坡 しもむら しゅんぱ

1件 の用語解説(下村春坡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下村春坡 しもむら-しゅんぱ

1750-1810 江戸時代中期-後期の俳人。
寛延3年5月6日生まれ。京都の大丸屋下村彦右衛門の孫で,柳馬場等持寺町で絹店をいとなむ。高井几董(きとう)にまなび,几董の後援者となる。与謝蕪村(よさ-ぶそん)とも親交があった。文化7年10月22日死去。61歳。名は兼邦。法名は正円。通称は孫八郎。別号に遅日亭。編著に「小鳥・小艸(こぐさ)」「白罌粟(しらげし)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下村春坡の関連キーワードザンド朝トーマス教会ウェールズ文学ヒッタイト美術植松自謙植松自謙神谷源内植村文楽軒つんく♂NOVAの解約を巡るトラブル

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone