コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田武三 しもだたけぞう

2件 の用語解説(下田武三の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下田武三
しもだたけぞう

[生]1907.4.3. 東京
[没]1995.1.22. 東京
外交官,最高裁判所判事。 1931年東京大学を卒業。外務省に入る。条約局長,駐ベルギー・ソ連の各大使を経て 65年外務次官,67年駐米大使。日米関係を最優先する第2次世界大戦後の外務官僚として,次官時代,沖縄返還交渉ではしばしば,アメリカ側の意向を重視,代弁するような「下田発言」を重ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下田武三 しもだ-たけぞう

1907-1995 昭和時代の外交官。
明治40年4月3日生まれ。昭和6年外務省にはいる。条約局長のとき日米安保条約の改定に従事。ソ連大使などをへて40年事務次官。42年アメリカ大使となり,沖縄返還交渉にたずさわる。46年最高裁判事。54年プロ野球コミッショナー。平成7年1月22日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

下田武三の関連キーワード黒人問題複成片麻岩内褶曲新派劇新聞小説天理教名古屋(市)バードビューRナビゲーションシステム佐賀(県)香港映画オスメーニャ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下田武三の関連情報