コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下田武三 しもだたけぞう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下田武三
しもだたけぞう

[生]1907.4.3. 東京
[没]1995.1.22. 東京
外交官,最高裁判所判事。 1931年東京大学を卒業。外務省に入る。条約局長,駐ベルギー・ソ連の各大使を経て 65年外務次官,67年駐米大使。日米関係を最優先する第2次世界大戦後の外務官僚として,次官時代,沖縄返還交渉ではしばしば,アメリカ側の意向を重視,代弁するような「下田発言」を重ねた。 71年佐藤首相の強い推薦で最高裁判所入りし,タカ派判事として知られた。 77年4月退官。 91年日本国際法協会会長。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下田武三 しもだ-たけぞう

1907-1995 昭和時代の外交官。
明治40年4月3日生まれ。昭和6年外務省にはいる。条約局長のとき日米安保条約改定従事。ソ連大使などをへて40年事務次官。42年アメリカ大使となり,沖縄返還交渉にたずさわる。46年最高裁判事。54年プロ野球コミッショナー。平成7年1月22日死去。87歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

下田武三の関連キーワード昭和時代外交官

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下田武三の関連情報