コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下郷亀世 しもさと きせい

1件 の用語解説(下郷亀世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

下郷亀世 しもさと-きせい

1688-1764 江戸時代中期の俳人。
元禄(げんろく)元年11月23日生まれ。尾張(おわり)(愛知県)鳴海の人。下里知足(ちそく)の4男。7歳のとき松尾芭蕉(ばしょう)から亀世の号をあたえられる。俳諧(はいかい)を父や兄蝶羽(ちょうう)にまなぶ。のち兄の養子となり,酒造業の千代倉をつぐ。古稀(こき)賀集に下郷常和らの編による「こきの芽」。明和元年9月18日死去。77歳。名は元雄。別号に鉄叟,蔵六岡。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

下郷亀世の関連キーワード羅城鶏冠原元再賀傘車蝶左坊樗雲貞佐(1)里風帒一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone