コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下馬先 ゲバサキ

デジタル大辞泉の解説

げば‐さき【下馬先】

社寺・城門などの前で、下馬札が立ててある場所。下馬
槍持ちの供が1で主人に対して行う作法。頭を少しかがめ、手を上げて手を振り、腰をひねり、足どりをそろえて歩くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げばさき【下馬先】

社寺・城などの門前の下馬札を立ててある所。下馬。
で槍持ちなどの供奴が主人に対してとる作法。頭を少しかがめ、手先をあげて手を振り、腰をひねりながら足取りをそろえて歩く。 「御前が近いせり合はず-をして振りませい/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下馬先の関連キーワード下馬将軍浄瑠璃下馬評城門社寺

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android