コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下馬先 ゲバサキ

デジタル大辞泉の解説

げば‐さき【下馬先】

社寺・城門などの前で、下馬札が立ててある場所。下馬
槍持ちの供が1で主人に対して行う作法。頭を少しかがめ、手を上げて手を振り、腰をひねり、足どりをそろえて歩くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げばさき【下馬先】

社寺・城などの門前の下馬札を立ててある所。下馬。
で槍持ちなどの供奴が主人に対してとる作法。頭を少しかがめ、手先をあげて手を振り、腰をひねりながら足取りをそろえて歩く。 「御前が近いせり合はず-をして振りませい/浄瑠璃・薩摩歌」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下馬先の関連キーワード下馬将軍浄瑠璃下馬評城門社寺

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android