コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下馬 ゲバ

デジタル大辞泉の解説

げ‐ば【下馬】

[名](スル)
下等な馬。
馬から下りること。「騎手が下馬する」
貴人の前や社寺などで、敬意を表すために馬を下りること。下乗。
下馬先」の略。

した‐うま【下馬】

袷(あわせ)の下に着る浴衣(ゆかた)。粗末な衣服。
「お姫様になる者が―でも行かれめえと」〈合・正本製・初〉
質に入れる品物。質草。
「春の流れに―の裾をひたして利息を固め」〈黄・竈将軍

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げば【下馬】

( 名 ) スル
馬から下りること。社寺の境内・貴人の門前などで敬意を表して馬から下りること。下乗。
「下馬先」の略。 → 下馬評
下等な馬。

したうま【下馬】

江戸時代、袷あわせや綿入れの下に着る粗末な浴衣。
質草しちぐさの異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

下馬の関連キーワード静岡県富士宮市狩宿西鶴諸国ばなし西鶴諸国はなしテンプロクシーポアチエの戦い沖縄県那覇市泊福井市美術館大木囲貝塚上総広常福島高晴江戸時代富士宮市下馬将軍島津重豪酒井忠清崇元寺前橋藩綿入れ平広常下馬評

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下馬の関連情報