コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下馬将軍 げばしょうぐん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下馬将軍
げばしょうぐん

江戸幕府の大老酒井忠清の異名。忠清は寛文6 (1666) 年大老となり,4代将軍徳川家綱を補佐し,政治の実権を握った。屋敷が江戸城の大手門前下馬札 (げばふだ) の前にあったのでこう呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げば‐しょうぐん〔‐シヤウグン〕【下馬将軍】

江戸前期の幕府大老酒井忠清異称。江戸城大手門の下馬札の前に屋敷があった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

下馬将軍【げばしょうぐん】

酒井忠清

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

げばしょうぐん【下馬将軍】

江戸幕府の大老酒井忠清の異名。邸が江戸城の下馬先の近くにあり、将軍に劣らぬ実権を握っていたからいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下馬将軍
げばしょうぐん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の下馬将軍の言及

【酒井忠清】より

…酒井は徳川譜代最高の名門で,歴代元老の地位にあり,ことに忠清の時代は門閥の権威が増大し,しかも将軍家綱は病弱,前代の遺老が相次いで死去あるいは老衰したので,忠清は専権をふるいうる立場となった。彼の役宅が江戸城大手門下馬札前にあったところから〈下馬将軍〉との異名をうけるほど,忠清は権勢をほしいままにし,政治が腐敗,停滞したというのが通説的評価である。しかしこの時期の幕政をみると,近世社会の変質期に入って領主的支配全般の弛緩があらわれ,農民の抵抗も高揚する傾向を示し始めた事態に対応し,幕府主導による領主的支配の強化に少なからず努力している。…

※「下馬将軍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

下馬将軍の関連キーワード日本のおもな郷土菓子江戸幕府前橋藩