コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不堪 フカン

デジタル大辞泉の解説

ふ‐かん【不堪】

《我慢できないこと、もちこたえられないことの意》
技芸が未熟なこと。その道の心得のないこと。
「―両三に過ぎば、まことに難治といふべし」〈連理秘抄
ふとどきであること。
「小野宮右府は女事において―の人なり」〈古事談・二〉
貧乏なこと。〈色葉字類抄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかん【不堪】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔堪えがたいこと、がまんできないことの意〕
その道の心得がないこと。技芸などに堪能でないこと。また、そのさま。 「天下の物の上手といへども始めは-の聞こえもあり/徒然 150」 「 -な人ではないぞ/毛詩抄 20
貧乏な・こと(さま)。 〔色葉字類抄〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

不堪の関連キーワード租庸調・雑徭不堪佃田の奏免責約款不堪佃田損田法荒田陣定両三坪付詩抄哀痛

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不堪の関連情報