コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

難治 ナンジ

デジタル大辞泉の解説

なん‐じ〔‐ヂ〕【難治】

《「なんち」とも》
病気のなおりにくいこと。「難治の病」
民心などのおさめにくいこと。
むずかしいこと。困難。難儀。
「その条当時―に侍り」〈盛衰記・四一〉

なん‐ち【難治】

なんじ(難治)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんじ【難治】

病気がなおりにくいこと。なんち。 「 -の病やまい
治めにくいこと。治まりにくいこと。
むずかしいこと。難儀。難題。 「かれといひ是といひ、かたがた-の様に候/平家 1

なんち【難治】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

難治の関連キーワードクリオピリン関連周期性発熱症候群明治エレメンタルフォーミュラゾリンジャー=エリソン症候群ロイコトリエン受容体拮抗薬原因が明らかな難治性下痢症滲出性中耳炎(中耳カタル)ランゲルハンス島腫瘍職業性ジストニア硬膜外内視鏡手術小児難治性肝疾患メニエール症候群バイオフィルムカルバマゼピン黒色真菌感染症ボリコナゾール痙攣性発声障害ブイフェンド錠乳児難治性下痢ムンプス難聴生殖補助医療

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難治の関連情報