難治(読み)ナンジ

デジタル大辞泉の解説

なん‐じ〔‐ヂ〕【難治】

《「なんち」とも》
病気のなおりにくいこと。「難治の病」
民心などのおさめにくいこと。
むずかしいこと。困難。難儀。
「その条当時―に侍り」〈盛衰記・四一〉

なん‐ち【難治】

なんじ(難治)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

なん‐じ ‥ヂ【難治】

〘名〙
① 民心などおさめがたいこと。おさまりにくいこと。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「治龍二の政に、故実を存ぜし故に、この人なくとも難治(ナンジ)の次第なるべければ也」 〔老子〕
② 病気などのなおりにくいこと。なおしがたいこと。
※日葡辞書(1603‐04)「Nangino(ナンヂノ) ヤマイ」
③ むずかしいこと。難儀。
※高野本平家(13C前)一「かれといひ是といひ、かたがた難治(ナンヂ)の様に候」

なん‐ち【難治】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android