難治(読み)なんじ

精選版 日本国語大辞典「難治」の解説

なん‐じ ‥ヂ【難治】

〘名〙
民心などおさめがたいこと。おさまりにくいこと。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「龍二の政に、故実を存ぜし故に、この人なくとも(ナンジ)の次第なるべければ也」 〔老子〕
② 病気などのなおりにくいこと。なおしがたいこと。
※日葡辞書(1603‐04)「Nangino(ナンヂノ) ヤマイ
③ むずかしいこと。難儀。
※高野本平家(13C前)一「かれといひといひ、かたがた難治(ナンヂ)の様に候」

なん‐ち【難治】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「難治」の解説

なん‐じ〔‐ヂ〕【難治】

《「なんち」とも》
病気のなおりにくいこと。「難治の病」
心などのおさめにくいこと。
むずかしいこと。困難。難儀。
「その条当時―に侍り」〈盛衰記・四一〉
[類語]不治

なん‐ち【難治】

なんじ(難治)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「難治」の解説

【難治】なんち

治めがたい。〔老子、六十五〕民の治めきは、多きを以てなり。故に智を以て國を治むるは、國のなり。智を以て國を治めざるは、國のなり。此の兩を知るは亦た稽式なり。常に揩式を知る、是れをと謂ふ。

字通「難」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android