コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不平等条約改正 ふびょうどうじょうやくかいせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不平等条約改正
ふびょうどうじょうやくかいせい

明治政府による不平等条約の改正事業。嘉永7 (1854) 年の日米和親条約から明治2 (69) 年の日墺条約にいたる諸条約は,治外法権関税自主権の放棄,一方的最恵国待遇などの点で,日本にとって著しく不利な不平等条約であった。明治政府は条約改正を期し,同4年,意見交換のため岩倉具視全権使節団を欧米諸国に派遣した。しかし,この使節派遣は欧米事情の視察について成果をみたものの,条約改正交渉には失敗した。その後,外相大隈重信青木周蔵榎本武揚の条約改正事業も成功しなかった。第2次伊藤内閣の外相に就任した陸奥宗光は,国内では,条約改正問題で強硬論を唱える議会とたたかいながら,青木周蔵駐英公使に最大の難関であるイギリスと交渉を行わせて,ついに 94年7月 16日,ロンドンで日英新通商航海条約が調印され,法権の回復に成功した。続いてその他の諸国とも法権回復の条約改正交渉が次々と成立し,99年新条約が実施されるにいたった。税権の回復は,1911年小村寿太郎外相のもとで実現された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

不平等条約改正の関連キーワードBoissonadeG.E.120年ぶりの天覧劇ノルマントン号事件岩倉遣外使節歌舞伎の動向石黒 涵一郎演劇改良会国会議事堂永代借地権大日本協会岩倉使節団富国強兵同治中興井上馨民法林董

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不平等条約改正の関連情報