コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木周蔵 あおきしゅうぞう

8件 の用語解説(青木周蔵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木周蔵
あおきしゅうぞう

[生]天保15(1844).1.15. 山口
[没]1914.2.16. 東京
明治期の外交官,政治家。子爵。蘭方医三浦玄仲の長男,のち長州藩医青木研蔵の養子。明治1 (1868) 年医学研究のためプロシアに留学したが,同国滞在中の 1873年外務省入りし,その翌年には早くもドイツ特命全権公使となり,1885年までその任にあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あおき‐しゅうぞう〔あをきシウザウ〕【青木周蔵】

[1844~1914]外交官。山口の生まれ。ドイツ公使山県(やまがた)松方内閣の外務大臣を歴任。不平等条約の改正に尽力。大津事件により失脚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

青木周蔵【あおきしゅうぞう】

明治期の外交官。長州萩藩出身。洋学を学び,1873年駐独外務一等書記官となり外交畑に入る。各国公使歴任後,井上馨外相の下で条約改正案を起草。山県有朋内閣松方正義内閣で外相となり条約改正を促進したが大津事件で辞職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木周蔵 あおき-しゅうぞう

1844-1914 明治時代の外交官。
天保(てんぽう)15年1月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医青木研蔵の養子。駐独公使,外務次官をへて第1次山県内閣,第1次松方内閣の外相。条約改正に努力したが,明治24年大津事件の責任をとって辞任。のちドイツ,イギリスの公使となり,27年日英通商航海条約の調印に成功した。子爵。大正3年2月16日死去。71歳。長門出身。旧姓は三浦。号は琴城。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

青木周蔵

没年:大正3.2.16(1914)
生年:弘化1.1.15(1844.3.3)
明治期の外交官。山口県厚狭の蘭方医三浦玄仲,妻友子の長男。号は琴城。のち長州藩医青木研蔵の養子に入り,研蔵の兄周弼の娘テルと縁組みする。中津藩手島塾,長州(萩)藩校明倫館好生堂に学ぶ。藩費による3年間のプロシャ留学のため明治1(1868)年渡欧。3年,医学修業を放棄し政法学に転向。岩倉遣外使節一行のヨーロッパ滞在中木戸孝允に西欧の政治制度を講じたのが縁で,6年外務1等書記官心得に任命される。同年秋には依頼されていた日本国憲法草案「大日本政規」を木戸に送る。7年3月帰国,木戸邸に滞留,9月駐独特命全権公使。12年の一時帰国を除き,18年まで約10年のドイツ勤務の間,欧米,特にドイツの制度,技術の積極的な導入を主張し,留学生や来欧の視察調査使節の世話,顧問などの選定や雇い入れを通じて,明治10年代の欧化,ドイツ模倣を推進,ドイツ語の才能に加え,男爵家のエリザベトと再婚(1877),宮廷外交を含む西洋外交にも自信を深めた。 18年帰国して外務大輔(のち外務次官)に就任。翌年より始まった条約改正会議の副委員として井上馨外相を助けた。子爵。批判を受けて辞任した井上のあとを大隈重信が継ぐが,引き続き同職。再び反対運動のために大隈が辞職したのち外相になる。前2回の失敗に鑑み,外国人裁判官の採用,列国による法典の承認を排した条約改正交渉を進めたが,大津事件(1891)で引責辞職。翌年再び駐独公使となって赴任。26年暮れ,日英条約改正商議全権,次いで駐英公使兼任を命じられ,ついに日英条約改正に成功する。23年から30年の間貴族院子爵互選議員。31年山県内閣の外相に就任,改正条約の実施,義和団事件を担当した。33年伊藤内閣成立で外相辞任。枢密顧問官を経て39年初代駐米大使。しかし翌40年対米移民問題交渉に越権行為があったとして召喚,免職となった。41年枢密顧問官。<著作>『青木周蔵自伝』

(酒田正敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あおきしゅうぞう【青木周蔵】

1844‐1914(弘化1‐大正3)
明治時代の外交官。長州藩出身,同藩医青木研蔵の養子。1868年ドイツに留学,のち公・大使を含め23ヵ年のドイツ滞在歴をもち,ドイツの諸制度の日本への移植に尽力した。86年井上馨外相のもとで次官,ついで山県有朋松方正義内閣の外相として条約改正につとめたが,91年5月大津事件の責任を負って辞職した。93年駐英公使に転じ,日清戦争開戦直前に対英条約改正に成功,98年帰国,山県内閣の外相として義和団の鎮圧に関与,のち駐米大使,枢密顧問官などを歴任した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あおきしゅうぞう【青木周蔵】

1844~1914) 明治時代の外交官・政治家。長州藩出身。外相。条約改正交渉を進め、日英通商航海条約に調印、領事裁判権の撤廃に成功した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青木周蔵
あおきしゅうぞう
(1844―1914)

明治時代の外交官、官僚政治家。子爵。長州藩出身。天保(てんぽう)15年1月15日医師三浦玄仲の長男に生まれ、のち蘭方医(らんぽうい)青木研蔵の養子となる。長崎で医学を修め、藩命によりプロイセンに留学、1873年(明治6)外務一等書記官心得となり翌年帰国、本省勤務を経て駐独公使を務める。1885年以降外務大輔(たいふ)、次官を歴任、条約改正交渉を担当する一方、1887年地方制度編纂(へんさん)委員に任命された。1889年には第一次山県有朋(やまがたありとも)内閣の外相に就任、大隈重信(おおくましげのぶ)前外相が激しい反対運動のため失敗した後を受け対等主義による条約改正交渉に着手した。松方正義(まつかたまさよし)内閣にも留任して交渉を継続したが、1891年大津事件の責任を負って辞任。翌年ふたたびドイツ公使となり、イギリス公使を兼任して条約改正交渉を進め1894年日英通商航海条約の調印に成功した。しかし三国干渉に際してドイツの動向を見誤ったとして政界一部の批判を招いた。1898年には第二次山県内閣の外相に就任、義和団事件に対する出兵外交を担当するとともに、朝鮮への侵略政策を画策するが、内閣総辞職で実現しなかった。枢密顧問官を経て1906年(明治39)駐米大使となり、日本人移民問題などの処理にあたった。ドイツ貴族の娘を妻とし、親独派で長州藩閥系の外交官として独自な地位にあった。大正3年2月16日死去。[宇野俊一]
『『青木周蔵自伝』(1970・平凡社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の青木周蔵の言及

【大津事件】より

…一方,滋賀県知事,滋賀県警部長は懲戒免官となった。 ロシア皇太子の来日前,駐日ロシア公使シェービチは同皇太子への不敬の所業を厳罰するよう緊急勅令の公布を外務大臣青木周蔵を通じて日本政府に求めたが,青木は緊急勅令でなく皇族に関する刑法規定の準用を同公使に約言しながら公表していなかった。そこでこの国際的な約束にしばられた政府は,犯人に刑法116条の天皇,三后,皇太子への危害の条文による死刑を司法部に求めたほか,伊藤博文は戒厳令を考え,青木外相は同条を外国皇族にも適用する緊急勅令を提案したが,いずれも実行にいたらなかった。…

【条約改正】より

…改正交渉の是非が新聞・雑誌上で激論され,政府内にも反対論が広がるなかで,玄洋社員来島恒喜の大隈襲撃事件が起こり,交渉は延期された。
[改正条約の成立]
 議会開設後最初の第1次山県有朋内閣の外相青木周蔵は対等条約案を列国に示した。これまで改正交渉に消極的だったイギリスはロシアの極東進出を牽制するため,日本の好意を得ようと,交渉を受け入れる姿勢を示したが,大津事件(1891)で青木は引責辞任した。…

※「青木周蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

青木周蔵の関連キーワード三浦玄亀外交官厚狭港山陽〈町〉山口県山陽小野田市厚狭山口県山口市春日町斎藤方策広川獬蘭方医蘭方医学

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone