不念・無念(読み)ぶねん

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶ‐ねん【不念・無念】

〘名〙
① (形動) 気づかないで残念なこと。考えが足りないこと。不注意なこと。また、その事柄やそのさま。落度。過失。
※三国伝記(1407‐46頃か)一一「不念の念妄を絁して利劔の如し」
② 江戸時代の法律用語で、過失犯のうちの重過失を意味する語。予見できたのにかかわらず、不注意であった場合に用いられ、軽過失を意味する不斗(ふと)に対する語。
※禁令考‐後集・第四・巻三一・寛保元年(1741)「怪我にて相果候もの相手御仕置之事 〈略〉吟味之上、不念之儀於有之は、一等重く可申付事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android