不活化ワクチン(読み)フカツカワクチン

デジタル大辞泉の解説

ふかつか‐ワクチン〔フクワツクワ‐〕【不活化ワクチン】

ワクチンのうち、抗原となるウイルス細菌などの微生物を不活化し、毒性を弱めたもの。免疫の持続期間が短いため、一定の間隔をおいて数回の接種が必要となる。日本脳炎インフルエンザB型肝炎などのワクチンが相当する。死菌ワクチン。→生ワクチン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかつかワクチン【不活化ワクチン】

菌体・ウイルスをホルマリンなどで処理して感染性を失わせたものを材料に調整されたワクチン。死菌ワクチン。 → ワクチン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の不活化ワクチンの言及

【予防接種】より

…感染源対策や感染経路対策と並んで伝染病の流行を予防する方法の一つで,人または家畜に免疫を獲得させるためにワクチンなどをあらかじめ接種することをいう。ワクチンには,弱毒化した病原体を生きたまま(これを生ワクチンという),あるいは病原体を不活化したり(これを死菌ワクチンまたは不活化ワクチンという),病原体の産生した毒素を不活化したもの(これをトキソイドという)があり,これを注射,経口的内服などの方法で接種し,人工的に免疫を与える。獲得した免疫の接続性の点では生ワクチンが長期間にわたり,すぐれているが,副作用が強かったり,接種された人の体内で,感染力の強い元の病原菌に変性することがある。…

※「不活化ワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不活化ワクチンの関連情報