不活化ワクチン(読み)ふかつかわくちん(英語表記)Inactivated vaccine

知恵蔵mini「不活化ワクチン」の解説

不活化ワクチン

ウイルスや細菌などの病原体薬品処理するなどして、感染能力や病原性を失わせて作るワクチンのこと。病原体の培養を繰り返すなどして生かしたまま病原性を弱めて作る生ワクチンと並ぶ代表的なワクチンである。接種後に体内で病原体が増殖する生ワクチンに比べ、免疫力の低い人に接種してもリスクが低い反面、生み出される免疫力は弱いため、より多い回数の接種を行う必要がある。

(2021-1-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「不活化ワクチン」の解説

ふかつか‐ワクチン〔フクワツクワ‐〕【不活化ワクチン】

ワクチンのうち、抗原となるウイルス細菌などの微生物を不活化し、毒性を弱めたもの。免疫の持続期間が短いため、一定の間隔をおいて数回の接種が必要となる。日本脳炎インフルエンザB型肝炎などのワクチンが相当する。死菌ワクチン。→生ワクチン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の不活化ワクチンの言及

【予防接種】より

…感染源対策や感染経路対策と並んで伝染病の流行を予防する方法の一つで,人または家畜に免疫を獲得させるためにワクチンなどをあらかじめ接種することをいう。ワクチンには,弱毒化した病原体を生きたまま(これを生ワクチンという),あるいは病原体を不活化したり(これを死菌ワクチンまたは不活化ワクチンという),病原体の産生した毒素を不活化したもの(これをトキソイドという)があり,これを注射,経口的内服などの方法で接種し,人工的に免疫を与える。獲得した免疫の接続性の点では生ワクチンが長期間にわたり,すぐれているが,副作用が強かったり,接種された人の体内で,感染力の強い元の病原菌に変性することがある。…

※「不活化ワクチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android