不定(読み)ふじょう

精選版 日本国語大辞典「不定」の解説

ふ‐じょう ‥ヂャウ【不定】

〘名〙 (形動)(「じょう」は「定」の呉音)
一定しないこと。不確かなこと。順序だっていないこと。あてにならないこと。また、そのさま。ふてい
※霊異記(810‐824)下「余とは不定の姓にして、心を廻して大に向かふなり」
② 思いがけないこと。意外なこと。また、そのさま。
※宇治拾遺(1221頃)一「をのこどもまうで来たりといへば、不定のことかなといふ程に」
③ 心が定まらず浮気っぽいこと。また、そのさま。
※浄瑠璃・葵上(1681‐90頃か)三「先はふぢゃうな葵殿や、ゆくさきざきにておとこをたらし」

ふ‐てい【不定】

〘名〙 (形動)
① 定まらないこと。一定しないこと。また、そのさま。ふじょう。〔哲学階梯(1887)〕
※窮死(1907)〈国木田独歩〉「居所不明、若は不定(フテイ)な連中」 〔荘子‐天地〕
② 数学で、方程式の解が無数に存在すること。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「不定」の解説

ふ‐じょう〔‐ヂヤウ〕【不定】

[名・形動]
さだまらないこと。確かでないこと。また、そのさま。ふてい。「老少不定」「生死しょうじ不定
思いがけないこと。意外なこと。また、そのさま。
「―のことかな」〈宇治拾遺・一〉

ふ‐てい【不定】

[名・形動]
決まっていないこと。一定しないこと。また、そのさま。「居所が不定な人」「住所不定
方程式の解が有限個に定まらないこと。
[類語]未定不確定不特定確定既定本決まり内定所定暫定予定決定

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「不定」の解説

【不定】ふてい

一定しない。

字通「不」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の不定の言及

【天台宗】より

… 智顗の仕事は,《法華経》を軸とする教相判釈(きようそうはんじやく)と,止観の体系を完成させたことにある。教相判釈とは,大小乗の経論の相違を,仏陀一代の説法の時期によるものとし,そこに華厳,阿含(あごん),方等(ほうどう),般若,法華(涅槃(ねはん))という,五時の別を主張するもので(五時八教),さらに弟子たちの能力の向上に応ずる教化の形式という頓・漸・秘密・不定(ふじよう)の化義と,その内容に当たる蔵・通・別・円の化法を分け,諸宗の教学を総合することで,そこに《法華経》に説く一切皆成の真実と方便を,あますことなく発揮することとなる。頓は華厳であり,円は法華である。…

※「不定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android