不定(読み)フジョウ

  • ふじょう ‥ヂャウ
  • ふじょう〔ヂヤウ〕
  • ふてい

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]
さだまらないこと。確かでないこと。また、そのさま。ふてい。「老少不定」「生死(しょうじ)不定
思いがけないこと。意外なこと。また、そのさま。
「―のことかな」〈宇治拾遺・一〉
[名・形動]
決まっていないこと。一定しないこと。また、そのさま。「居所が不定な人」「住所不定
方程式が有限個に定まらないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動)(「じょう」は「定」の呉音)
① 一定しないこと。不確かなこと。順序だっていないこと。あてにならないこと。また、そのさま。ふてい。
※霊異記(810‐824)下「余とは不定の姓にして、心を廻して大に向かふなり」
② 思いがけないこと。意外なこと。また、そのさま。
※宇治拾遺(1221頃)一「をのこどもまうで来たりといへば、不定のことかなといふ程に」
③ 心が定まらず浮気っぽいこと。また、そのさま。
※浄瑠璃・葵上(1681‐90頃か)三「先はふぢゃうな葵殿や、ゆくさきざきにておとこをたらし」
〘名〙 (形動)
① 定まらないこと。一定しないこと。また、そのさま。ふじょう。〔哲学階梯(1887)〕
※窮死(1907)〈国木田独歩〉「居所不明、若は不定(フテイ)な連中」 〔荘子‐天地〕
② 数学で、方程式の解が無数に存在すること。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の不定の言及

【天台宗】より

… 智顗の仕事は,《法華経》を軸とする教相判釈(きようそうはんじやく)と,止観の体系を完成させたことにある。教相判釈とは,大小乗の経論の相違を,仏陀一代の説法の時期によるものとし,そこに華厳,阿含(あごん),方等(ほうどう),般若,法華(涅槃(ねはん))という,五時の別を主張するもので(五時八教),さらに弟子たちの能力の向上に応ずる教化の形式という頓・漸・秘密・不定(ふじよう)の化義と,その内容に当たる蔵・通・別・円の化法を分け,諸宗の教学を総合することで,そこに《法華経》に説く一切皆成の真実と方便を,あますことなく発揮することとなる。頓は華厳であり,円は法華である。…

※「不定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

不定の関連情報