コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不貞の抗弁 ふていのこうべん Einrede der Bescholtenheit

2件 の用語解説(不貞の抗弁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不貞の抗弁
ふていのこうべん
Einrede der Bescholtenheit

父に対する認知の訴えにおいて,子の母の懐胎可能時期に,被告 (父) 以外にも性的交渉のあった男が存在することを被告の側が主張すること。かつてはこの抗弁により,一律に母は被告以外の男とは交渉がなかったことを立証しなければならなかったが,今日ではこの点に母の職業などの事情をも考慮して決すべきであり,普通の女子については,被告が具体的に不貞の事実を立証しなければならないと解されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不貞の抗弁
ふていのこうべん

認知訴訟において、被告である父のほうから、母がその子の懐胎可能な期間中に、被告以外の男子とも情交関係があったと主張すること。かつて判例は、この抗弁が提出されると、原告側が、その事実のなかったことを立証しなければならないとして認知の訴えをきわめて困難なものとしていたが、現在ではこの抗弁を認めず、母が受胎可能な期間に被告と情交関係をもったこと、当時被告以外の男性と情交関係があったとは認められないこと、血液型上の相関性が認められること、そのほか父子関係の存在を推認させる事実があれば、被告側で、母と他男との情交関係の存在を立証できない限り、認知の訴えが認められるとしている。[山本正憲]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不貞の抗弁の言及

【認知】より

…そこで,今日,子の保護の観点から子の側の立証の負担が軽減されている。かつて,判例は,被告から母親が子の懐胎可能時期に他の男性と性的交渉があったという抗弁(不貞の抗弁,多数当事者の抗弁)が提出されると,子の側が母親と他の男性との間に性的交渉がなかったということを証明しなければならないとし(1934年大審院判決),学説から批判されていた。そこで,今日では〈父子関係〉の存在について可能性が高いと評価できる一定の事実,すなわち,子の懐胎可能の時期に子の母が被告と性的交渉のあったこと,被告以外の男性と性的交渉があった事実が認められないこと,子と被告との間に血液型の背馳がないこと,子を命名するなど,子に対して父親らしい愛情を示す態度をとったことなどが証明されるならば,ほかに特段の事情がないかぎり,被告は子の父と認めている(1957年最高裁判所判決)。…

【不貞】より

…改正民法になってはじめて,夫婦平等の義務であることを明記した。
[不貞の抗弁]
 認知訴訟において,被告とされた男性から,女性が問題の子の懐胎可能期間中に,被告以外の男性とも性交関係があったと主張することを〈不貞の抗弁〉ないしは多数関係者の抗弁という。明治以降の判例は,この抗弁が提出されると,その事実がなかったことの立証責任を原告たる女性側に負わせたので,勝訴をきわめて困難にしていた。…

※「不貞の抗弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不貞の抗弁の関連キーワード広告認知量的調査ブランド認知認知確認の訴え給付の訴え形成の訴え準正強制認知終局判決

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone