コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

受胎 じゅたいconception

翻訳|conception

大辞林 第三版の解説

じゅたい【受胎】

( 名 ) スル
妊娠すること。みごもること。懐妊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の受胎の言及

【妊娠】より


【妊娠の生理】

[妊娠の成立]
 妊娠は,(1)卵の産生と排卵,(2)精子の産生と射精,(3)受精,(4)受精卵の着床,の四つの段階を経て成立する。受精卵が子宮内膜に着床する現象を受胎conceptionという(以上の諸過程のうち,(1)(2)については〈〉〈排卵〉〈精子〉〈射精〉の項を参照されたい)。(1)受精 通常,性交によって腟内に射出された精子は,腟円蓋部に貯留して精液池をつくり,精液中の精子は自身の運動によって子宮頸管内に進入する。…

※「受胎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

受胎の関連キーワードリプロダクティブライツコスタニエビツァ修道院バースコントロール聖ガブリエル教会フラアンジェリコ聖ローレンツ教会母子健康センターコンセプション新マルサス主義お告げの祈り黄体ホルモンアンジェラス産児制限運動ガブリエル優生保護法母体保護法基礎体温計大原美術館あんじょう避妊・避姙

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

受胎の関連情報