コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中曽根康弘 なかそね やすひろ

5件 の用語解説(中曽根康弘の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中曽根康弘

政治家。大正7年(1918)群馬県生。東大卒後内務省入省。戦後警視庁警視観察官を務めたが、昭和22年総選挙以後連続当選。防衛庁長官・自民党総務会長・通産省・党幹事長等要職を歴任する。元自由民主党総裁、内閣総理大臣

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかそね‐やすひろ【中曽根康弘】

[1918~ ]政治家。群馬の生まれ。海軍主計少佐として終戦を迎え、昭和22年(1947)民主党から衆議院議員初当選。長く憲法改正を主張しつつ、保守合同後は自民党科学技術庁長官・防衛庁長官・通産大臣などを歴任。同57年首相就任。改憲はできなかったものの国鉄電電公社日本専売公社民営化を実現し、外交ではレーガン米大統領との盟友関係を築いた。62年退陣。平成15年(2003)政界引退。→竹下登

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中曽根康弘 なかそね-やすひろ

1918- 昭和後期-平成時代の政治家。
大正7年5月27日生まれ。内務省にはいり,終戦時は海軍主計少佐。昭和22年衆議院議員(当選20回,自民党)。第2次岸内閣の科学技術庁長官で初入閣。41年中曽根派を結成。運輸相,防衛庁長官,通産相などを歴任し,49年党幹事長。行政管理庁長官をへて,57年首相となり,3度内閣を組閣。国鉄の分割・民営化を実現した。平成15年引退。群馬県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中曽根康弘
なかそねやすひろ

[生]1918.5.27. 群馬
政治家。東京大学を卒業。内務省に入る。海軍に入隊,復員後警視庁に勤務し,1947年に衆議院議員に当選。以来当選 20回 (2003) 。自由民主党では河野派に属し,1959年科学技術庁長官となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中曽根康弘
なかそねやすひろ
(1918― )

政治家。大正7年5月27日群馬県高崎市生まれ。東京帝国大学法学部から内務省に入る。第二次世界大戦後政界入りし、1947年(昭和22)の総選挙で民主党から当選、以後連続当選。民主・改進党のころは「青年将校」の一人で反吉田の急先鋒(せんぽう)。保守合同後は自民党河野(こうの)派に属する。1959年岸信介(のぶすけ)内閣の科学技術庁長官。1965年河野一郎の死後中曽根派をつくり政権獲得を目ざす。1972年総裁選では田中角栄支持に回り以後田中派との結び付きを強める。1976年ロッキード事件で児玉誉士夫(こだまよしお)絡みの疑惑に包まれ一時党幹事長辞任に追い込まれたが、その後復権し、鈴木善幸(ぜんこう)内閣の行政管理庁長官を経て、1982年11月首相の座を獲得。中曽根は「風見鶏(かざみどり)」の異名で知られ変わり身の早さは有名だが、本質は改憲論者で核武装を提唱したこともある。首相就任後も発言の朝令暮改ぶりはあるものの、基本的には軍拡・改憲のタカ派的路線を歩んだ。1987年11月首相を辞任。1989年(平成1)自民党を離党、1991年復党したが、この間もそれ以降も衆議院議員を務め、衆議院議員当選は20回に及ぶ。2003年11月の総選挙で出馬を辞退し、政界を引退した。[伊藤 悟]
『中曽根康弘著『政治と人生』(1992・講談社) ▽中曽根康弘著『二十一世紀 日本の国家戦略』(2000・PHP研究所) ▽中曽根康弘著『自省録――歴史法廷の被告として』(2004・新潮社) ▽世界平和研究所編・刊『中曽根内閣史』全5巻(1995~1997)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中曽根康弘の関連キーワード弓馬の家政治生命職業政治家群馬の森高知市立龍馬の生まれたまち記念館伊藤弥須藤嘉吉葉住利蔵日向輝武丸山清康

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中曽根康弘の関連情報