コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

与那嶺貞 よなみね さだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

与那嶺貞 よなみね-さだ

1909-2003 昭和後期-平成時代の染織家。
明治42年1月20日生まれ。沖縄の伝統織物「読谷山花織(ゆんたんざはなうい)」の衰微をおしみ,昭和36年ごろから作品収集と織り方の研究にとりくみ,39年その復元に成功。さらに高度な技法を研修し,おおくの後継者も育成。平成11年人間国宝。平成13年1月30日死去。94歳。沖縄県出身。首里女子実業(のちの沖縄県立女子工芸)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

与那嶺貞の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門牧野省三小津安二郎重症急性呼吸器症候群生化学アレックス ロドリゲスHomeStyle+イラク戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

与那嶺貞の関連情報