コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世之介 よのすけ

4件 の用語解説(世之介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世之介
よのすけ

井原西鶴の浮世草子好色一代男』の主人公。夢介と呼ばれた放蕩者の富豪と遊女との間に生れ,7歳から 60歳まで好色生活をおくり,好色丸 (よしいろまる) に乗って伊豆から女護ヶ島目指し船出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

よのすけ【世之介】

井原西鶴の浮世草子「好色一代男」の主人公。色男、また好色な男の代表とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世之介 よのすけ

井原西鶴(さいかく)の浮世草子「好色一代男」の主人公。
上方(かみがた)の富商の妾腹(しょうふく)に生まれる。7歳で恋を知り,放蕩(ほうとう)のすえ19歳で勘当され,各地で好色遍歴をつづけた。35歳のとき父の遺産を相続し,廓(くるわ)で大尽遊びをしつくして,60歳のとき女護(にょご)が島へ船出して行方知れずになる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

よのすけ【世之介】

井原西鶴作「好色一代男」の主人公。七歳で恋情を解し、一一歳から遊里に出入りし、一九歳で勘当の身となる。放浪生活のなかで色道の達人となり、父親の死後その遺産で好色生活の限りを尽くす。六〇歳にして好色丸で女護島によごがしまへ船出し、行方不明となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の世之介の言及

【好色一代男】より

…8巻54章からなり,各章に西鶴自筆の挿絵を載せ,跋文を西吟が書いている。世之介一代の女色男色あわせての好色遍歴を,《源氏物語》54帖にならって第1章7歳から第54章60歳まで,1章1歳の年立てによって構成しているが,全体を一部と二部に大別できる。第一部にあたる巻四までは,幼少年期と19歳で勘当されてからの諸国放浪の時代,そしてその幕切れとしての難破と蘇生と遺産相続。…

※「世之介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世之介の関連キーワード井原西鶴仮名草子好色一代男好色本西鶴織留水田西吟西鶴諸国ばなし武家物『好色一代男』蒔絵師源三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世之介の関連情報