コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世之介 よのすけ

4件 の用語解説(世之介の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世之介
よのすけ

井原西鶴の浮世草子好色一代男』の主人公。夢介と呼ばれた放蕩者の富豪と遊女との間に生れ,7歳から 60歳まで好色生活をおくり,好色丸 (よしいろまる) に乗って伊豆から女護ヶ島目指し船出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

世之介 よのすけ

井原西鶴(さいかく)の浮世草子「好色一代男」の主人公。
上方(かみがた)の富商の妾腹(しょうふく)に生まれる。7歳で恋を知り,放蕩(ほうとう)のすえ19歳で勘当され,各地で好色遍歴をつづけた。35歳のとき父の遺産を相続し,廓(くるわ)で大尽遊びをしつくして,60歳のとき女護(にょご)が島へ船出して行方知れずになる。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よのすけ【世之介】

井原西鶴作「好色一代男」の主人公。七歳で恋情を解し、一一歳から遊里に出入りし、一九歳で勘当の身となる。放浪生活のなかで色道の達人となり、父親の死後その遺産で好色生活の限りを尽くす。六〇歳にして好色丸で女護島によごがしまへ船出し、行方不明となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の世之介の言及

【好色一代男】より

…8巻54章からなり,各章に西鶴自筆の挿絵を載せ,跋文を西吟が書いている。世之介一代の女色男色あわせての好色遍歴を,《源氏物語》54帖にならって第1章7歳から第54章60歳まで,1章1歳の年立てによって構成しているが,全体を一部と二部に大別できる。第一部にあたる巻四までは,幼少年期と19歳で勘当されてからの諸国放浪の時代,そしてその幕切れとしての難破と蘇生と遺産相続。…

※「世之介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世之介の関連情報