世之介(読み)よのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「世之介」の解説

世之介 よのすけ

井原西鶴(さいかく)の浮世草子好色一代男」の主人公
上方(かみがた)の富商の妾腹(しょうふく)に生まれる。7歳でを知り,放蕩(ほうとう)のすえ19歳で勘当され,各地好色遍歴をつづけた。35歳のとき遺産を相続し,廓(くるわ)で大尽遊びをしつくして,60歳のとき女護(にょご)がへ船出して行方知れずになる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「世之介」の解説

世之介
よのすけ

井原西鶴の浮世草子『好色一代男』の主人公。夢介と呼ばれた放蕩者富豪遊女との間に生れ,7歳から 60歳まで好色生活をおくり,好色丸 (よしいろまる) に乗って伊豆から女護ヶ島目指し船出する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「世之介」の解説

よのすけ【世之介】

井原西鶴の浮世草子「好色一代」の主人公の名。色男、また、好色な男の代名詞とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の世之介の言及

【好色一代男】より

…8巻54章からなり,各章に西鶴自筆の挿絵を載せ,跋文を西吟が書いている。世之介一代の女色男色あわせての好色遍歴を,《源氏物語》54帖にならって第1章7歳から第54章60歳まで,1章1歳の年立てによって構成しているが,全体を一部と二部に大別できる。第一部にあたる巻四までは,幼少年期と19歳で勘当されてからの諸国放浪の時代,そしてその幕切れとしての難破と蘇生と遺産相続。…

※「世之介」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android