コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

色男 イロオトコ

デジタル大辞泉の解説

いろ‐おとこ〔‐をとこ〕【色男】

顔だちのよい男。好男子。美男(びなん)。
情夫。間男(まおとこ)。いろ。
「―をこしらえてお屋敷を遁げ出すのみならず」〈円朝怪談牡丹灯籠
好色な男。色事師。
「―おれを見たかと供にきき」〈柳多留・一七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いろおとこ【色男】

容色のすぐれた男。女性にもてる男。美男子。
情夫。いろ。 「江戸で-を拵居こせえてるから/滑稽本・浮世床
好色な男。色事師。 「 -うしみつ頃になやみ出し/柳多留 9

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

色男の関連キーワード決め込む・決込む・極め込む『無責任』シリーズ江戸生艶気樺焼宇漢迷宇屈波宇出雲醜大臣命春色梅児誉美傾城買二筋道つっころばしおたんちん猪名部神社俏し・窶し一杯・一盃突っ転ばし上総木綿杉山平八野晒悟助新造買ひようようにちゅうひんなり

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

色男の関連情報