世儒(読み)せいじゅ

精選版 日本国語大辞典「世儒」の解説

せい‐じゅ【世儒】

〘名〙
世俗的で見識の劣った儒者俗の儒者。
談雑録(1716頃)「草稿に一字も略字をかかぬと云て甚だ称美するの類、世儒の云ことなり」 〔史記‐律書〕
代々の家学・家伝をうけついだ儒者。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「世儒」の解説

せい‐じゅ【世儒】

世俗的で見識のない儒者。
代々その家の学を伝えてきている儒者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「世儒」の解説

【世儒】せいじゆ

世上の学者。また、世を指導する儒者。〔論衡、書解〕作する儒と爲し、經をを世儒と爲す。~世儒は人の經をき、の傳を解き、義理廣にして、實見せざる無し。

字通「世」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android