コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界先住民族会議 せかいせんじゅうみんぞくかいぎ World Council of Indigenous People; WCIP

1件 の用語解説(世界先住民族会議の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

世界先住民族会議
せかいせんじゅうみんぞくかいぎ
World Council of Indigenous People; WCIP

世界の先住民族による国際的連合体。 1975年 10月にカナダで開催された「第1回国際インディアン会議」の際に結成された。本部はカナダのオタワに置かれる。北アメリカインディアンイヌイット (→エスキモー ) ,ラテンアメリカインディオ (→ラテンアメリカインディアン ) ,オーストラリア先住民 (アボリジニ) ,日本のアイヌなど,先住民族の政治的・経済的・社会的権利の保護,衰退しつつある固有文化の保持などを目的に活動を展開しており,「先住権」や先住民自身による「自決権」の確立を求めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界先住民族会議の関連キーワード先住民LRCSLORCS先住民族サミット世界の先住民の国際デー国際食品科学・工学連合極東の先住民族台湾の先住民台湾の先住民選挙インドネシアの先住民

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone