コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世襲親王 セイシュウシンノウ

2件 の用語解説(世襲親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せいしゅう‐しんのう〔セイシフシンワウ〕【世襲親王】

明治維新前、天皇の兄弟とか皇子とかでない皇族で親王の称を世襲することが許されていた宮家。江戸時代では伏見宮桂宮有栖川宮閑院宮家がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せしゅうしんのう【世襲親王】

明治維新前、皇族の世数にかかわらず代々親王であった宮家の称。すなわち伏見・桂・有栖川・閑院の四親王家。せいしゅうしんのう。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

世襲親王の関連情報