コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世襲親王 セイシュウシンノウ

大辞林 第三版の解説

せしゅうしんのう【世襲親王】

明治維新前、皇族の世数にかかわらず代々親王であった宮家の称。すなわち伏見・桂・有栖川・閑院の四親王家。せいしゅうしんのう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世襲親王の関連キーワードセンゲリンチン(僧格林沁)センゲリンチン醇親王奕かん常盤井宮家仁親王有栖川五辻宮皇室閑院世数伏見

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android