コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閑院宮 かんいんのみや

5件 の用語解説(閑院宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

閑院宮
かんいんのみや

江戸時代,四親王家の一つ。東山天皇の皇子直仁親王を祖とする。享保3 (1718) 年創立。 1947年,ほかの 10宮家とともに皇籍離脱,新たに閑院家を創立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんいん‐の‐みや〔カンヰン‐〕【閑院宮】

四親王家の一。宝永7年(1710)東山天皇の皇子直仁(なおひと)親王に始まる。一時絶えたが、明治5年(1872)伏見宮載仁(ことひと)親王が再興。昭和22年(1947)臣籍降下

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんいんのみや【閑院宮】

東山天皇の皇子直仁(なおひと)親王を初代とする宮家。時に幕府は新井白石の建言を入れて,皇室の繁栄のため新宮家の創立をはかり,家領1000石を献じたので,1710年(宝永7)親王に一家創立の勅命があり,ついで閑院の宮号を賜った。その後典仁(すけひと),美仁,孝仁,愛仁(なるひと),載仁(ことひと)の各親王を経て第7代春仁王に及び,1947年同王が皇族制度改革により皇籍を離脱するまで230年余にわたり宮家として存続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんいんのみや【閑院宮】

旧宮家。四親王家の一。新井白石の建議に基づき、幕府の朝廷重視政策によって1710年東山天皇の第六皇子直仁なおひと親王に一家を創立させ、18年閑院宮の称号を贈った。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

閑院宮
かんいんのみや

江戸中期、1710年(宝永7)に建てられた親王家。宮号下賜は1719年(享保4)。初祖は東山(ひがしやま)天皇の皇子直仁(なおひと)親王。一時中絶があったが再興され、1947年(昭和22)の新皇族令で臣籍降下するまで続いた。この宮家創設には、6代将軍徳川家宣(いえのぶ)の侍講新井白石(あらいはくせき)の献策が大きな役割を果たした。当時、世襲の親王家は伏見(ふしみ)、有栖川(ありすがわ)、京極(きょうごく)の3家に限られ、皇室、宮家とも嫡子以外の子女は出家することが慣習となっていた。家宣が将軍となるとまもなく、白石は、これは人情に反するもので、衰えていた時代の悪習であり、宮家創設を奏上することは当然のことであると献策し、家宣はこれをいれて朝廷に奏上し、宮家の創設となった。家宣は家領1000石を献じた。2代典仁(すけひと)親王の子兼仁(ともひと)親王は皇統を継ぎ光格(こうかく)天皇となった。5代愛仁(はるひと)親王に後嗣(こうし)がなく一時中絶したが、伏見宮家から載仁(ことひと)親王が入って再興され、載仁親王は明治から昭和期に活躍した。その子春仁王(純仁)に至って1947年(昭和22)臣籍に下った。[林 亮勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の閑院宮の言及

【直仁親王】より

…東山天皇の皇子。閑院宮の祖。母は新崇賢門院藤原賀子。…

【宮家】より

…ちなみに常磐井宮,木寺宮の初代は大覚寺統の皇統の嫡嗣と定められ,伏見宮は持明院統の嫡流とされた家柄である。伏見宮創立の後久しく宮家の新立を見なかったが,やがて桂宮有栖川(ありすがわ)宮閑院宮の3宮家が設けられた。桂宮は初め八条宮と称し,1589年(天正17)の豊臣秀吉の奏請によって,翌年正親町天皇の皇孫智仁親王が創立,淑子内親王まで11代にわたって存続し,その間宮号を初め京極宮,さらに桂宮と改めた。…

※「閑院宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

閑院宮の関連情報