両性界面活性剤(読み)リョウセイカイメンカッセイザイ

化学辞典 第2版「両性界面活性剤」の解説

両性界面活性剤
リョウセイカイメンカッセイザイ
amphoteric surfactant, amphoteric surface active agent

カチオン界面活性剤アニオン界面活性剤非イオン界面活性剤カチオン(またはアニオン)界面活性剤の組合せのように,2種類の性質を同時に備えた界面活性剤のこと.一般には,陽イオンとなる基と陰イオンとなる基を同一分子中にもっているものをいう.陰イオンとなる部分としてカルボキシル基スルホン酸基,硫酸エステル基,そして陽イオンとなる部分にアミノ基をもっているものが多い.殺菌洗浄キレート効果をもつ.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「両性界面活性剤」の解説

りょうせい‐かいめんかっせいざい〔リヤウセイカイメンクワツセイザイ〕【両性界面活性剤】

同一分子中に陽イオン陰イオン親水基をもつ界面活性剤総称親水基としてカルボキシル基スルホ基、第4級アンモニウム塩などをもつものがある。シャンプー洗顔料のほか、殺菌効果をもつ消毒剤として用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の両性界面活性剤の言及

【界面活性剤】より

… 水溶性界面活性剤はその界面活性を示す主体である親水基の性質によりイオン界面活性剤と非イオン界面活性剤に大別される。前者はさらに親水基が陰イオンであるか陽イオンであるかにより陰イオン界面活性剤,陽イオン界面活性剤に区別され,分子内に陽イオン,陰イオン構造を同時に含むものを両性界面活性剤という。最近,高分子界面活性剤,有機金属界面活性剤,フッ素系界面活性剤,反応性界面活性剤という名称も使われてきたが,いずれも上記の分類項目に含まれるものである(表1)。…

※「両性界面活性剤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android