コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院政時代 インセイジダイ

大辞林 第三版の解説

いんせいじだい【院政時代】

平安後期の、院政の行われた時代。白河・鳥羽・後白河の三代をいう。摂関時代に次ぐ時代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の院政時代の言及

【院政】より

…そして1840年(天保11)光格上皇が没するに及び,院政は名実ともに消滅したのである。
[院政時代]
 院政の始期を厳密に特定することはむずかしく,またその終期も名目的には江戸時代末に至るが,〈院政時代〉が平安時代の一時期を指すことには異論がないであろう。ただその範囲は論者によって一様ではなく,狭くは白河・鳥羽院政期の約70年を指すが,これに院政前史ともいうべき後三条・白河朝を加え,さらに平氏政権の武家政権としての未熟さを考慮して,平氏滅亡までを含め,この1068‐1185年に及ぶ110年余を院政時代とよぶことも一般に行われている。…

※「院政時代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

院政時代の関連キーワード源氏(げんじ)後宇多天皇戸田 芳実下毛野武正藤原時代三宅米吉王朝国家西面武士勧修寺家大槐秘抄熊野懐紙醍醐源氏熊野詣で巨勢宗深摂関時代巨勢有宗熊野信仰江家次第伊勢信仰藤原宗忠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android