中儀(読み)チュウギ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 朝廷の儀式で、元日節会・正月七日白馬節会・同一七日大射(射礼)・一一月新嘗会および饗を外国使節に賜うものをいう。六位以上のものが列席する。官人すべてが参列する大儀に次ぐもの。
※延喜式(927)四五「中儀〈謂元日宴会、正月七日、十七日大射、十一月新嘗会、及饗賜蕃客〉」
※平家(13C前)五「内弁外弁の公卿参列して、誅儀の節会をこなはる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android