コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師茂 なかはらの もろしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師茂 なかはらの-もろしげ

1312-1378 南北朝時代の官吏。
正和(しょうわ)元年生まれ。中原師右(もろすけ)の子。明法家(みょうぼうか)。北朝につかえ,有職(ゆうそく)故実に精通した。大外記(だいげき),穀倉院別当,博士,弾正少弼(だんじょうのしょうひつ),下総守(しもうさのかみ)などを歴任。永和4=天授4年7月7日死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中原師茂

没年:永和4/天授4.7.7(1378.7.31)
生年:正和1(1312)
鎌倉末・南北朝期の明法官人。父は大外記師右,弟に師守がいる。暦応2/延元4(1339)年父の譲りによって大炊頭に任官。貞和1/興国6(1345)年父の死後,局務,大外記に任ぜられ,北朝のもとで永らくその職にあった。三河介,備後権守,穀倉院別当,土佐権守などを歴任。貞治5/正平21(1366)年正四位上に叙せられた。故実,公事に通じ先例の勘申をしばしば行っており,明法官人として朝廷内で活躍している。弟の遺した日記『師守記』に,父と共にその動静を知ることができる。

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中原師茂の関連キーワード南北朝時代中原師員倉月荘

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android