コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原師右 なかはらの もろすけ

2件 の用語解説(中原師右の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原師右 なかはらの-もろすけ

1295-1345 鎌倉-南北朝時代の官吏。
永仁(えいにん)3年生まれ。右将監(しょうげん),大炊頭(おおいのかみ),大外記(げき),局務などをつとめる。日記「師右記」には延慶(えんきょう)4年の花園天皇元服の模様がしるされている。康永4=興国6年2月6日死去。51歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中原師右

没年:貞和1/興国6.2.6(1345.3.10)
生年:永仁3(1295)
鎌倉末・南北朝期の明法官人。父は大外記師古。『中原系図』などによれば,右将監,直講,兵庫頭,大炊頭,大外記,局務などを歴任している。なかでも中原家が代々世襲してきた,詔勅関係の事務を扱う大外記を,元徳1(1329)年から死去にいたるまで務めている。子に師茂,師守などがおり,師茂もまた大外記を務めている。師守の日記『師守記』から,師右やその妻顕心の動静がわかり,また当時の中級官人の動向を知ることができる。延慶4(1311)年1月に行われた花園天皇元服に関する師右の日記『師右公記』が残る。

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中原師右の関連キーワード外記大外記九条道教西園寺公重勢多章甫中原師緒中原師茂中原師利中原師守中御門宣明

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone