中原昌発(読み)なかはら まさはつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原昌発 なかはら-まさはつ

?-? 明治時代の実業家。
明治15年(1882)船舶の運賃競争が激化した大阪で,適正運賃の実施などを目的とする同盟汽船取扱会社を設立,頭取に就任。のち大規模な汽船会社の設立をはかり,住友の広瀬宰平(さいへい)らとともに大阪商船の創立委員となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android