コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原月雄 なかはらの つきお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原月雄 なかはらの-つきお

838?-896? 平安時代前期の官吏,学者。
承和(じょうわ)5年?生まれ。父は伊伎是雄(いきの-これお)か。氏姓ははじめ占部連(うらべのむらじ),元慶(がんぎょう)のころ中原朝臣をさずけられる。讃岐掾(さぬきのじょう),存問渤海(ぞんもんぼっかい)客使,助教,大学博士,越前介(えちぜんのすけ)などを歴任。仁和(にんな)4年阿衡(あこう)の紛議のとき勘文を提出している。寛平(かんぴょう)8年6月14日?死去。59歳?

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中原月雄の関連キーワードボニファチウス6世フォルモススアルヌルフ[ケルンテン]馬殷ステファヌス6世(7世)ロマヌステオドルス2世ヨハネス9世平安時代(年表)

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android