コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊伎是雄 いきの これお

2件 の用語解説(伊伎是雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊伎是雄 いきの-これお

819-872 平安時代前期の官吏。
弘仁(こうにん)10年生まれ。始祖よりの亀卜(きぼく)の職にあり,その術にもっとも熟達し,独歩と称される。嘉祥(かしょう)3年(850)東宮宮主(みやじ),ついで即位後の清和天皇の宮主。伊伎宿禰(すくね)の氏姓をあたえられ,貞観(じょうがん)11年丹波権掾(ごんのじょう)をかねた。貞観14年4月24日死去。54歳。壱岐(いき)(長崎県)出身。本姓は卜部(うらべ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊伎是雄

没年:貞観14.4.24(872.6.3)
生年:弘仁10(819)
平安前期の卜部。壱岐島石田郡(長崎県)の出身で本姓は卜部。嘉祥3(850)年,東宮宮主に任じられ,皇太子(清和天皇)即位ののち,宮主に転じた。貞観5(863)年正月に外従五位下に叙せられ,同年9月には伊伎宿禰の氏姓を賜った。同11年には従五位下に叙せられ,従前の宮主に兼ねて丹波権掾に任じられた。同14年,現職のまま没した。四国の卜部のひとつであり,代々亀卜を行う壱岐の卜部の伝統を受け継ぎ,卜定(吉凶をうらない定める)の道をもっともよく究め,独歩と称せられた。<参考文献>村山修一『日本陰陽道史総説』

(脊古真哉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊伎是雄の関連キーワード壱岐壱岐水道卜部郷の浦壱岐っ娘雪洲壱岐焼酎卜部乙屎麻呂卜部平麻呂なでしこ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone