コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原蕉斎 なかはら しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原蕉斎 なかはら-しょうさい

1753-1838 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦3年4月17日生まれ。西山拙斎(せっさい)に師事。雪堂学舎をひらき,のち領主の丹波亀山藩(京都府)藩主にみとめられ,総礼格,櫓(やぐら)方格。小野泉蔵とともに「拙斎遺稿」をあんだとされる。天保(てんぽう)9年10月10日死去。86歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓は藤井。名は貞固。字(あざな)は子幹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

中原蕉斎 (なかはらしょうさい)

生年月日:1753年4月17日
江戸時代後期の儒者
1838年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

中原蕉斎の関連キーワード生年月日

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android