コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原蕉斎 なかはら しょうさい

1件 の用語解説(中原蕉斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中原蕉斎 なかはら-しょうさい

1753-1838 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦3年4月17日生まれ。西山拙斎(せっさい)に師事。雪堂学舎をひらき,のち領主の丹波亀山藩(京都府)藩主にみとめられ,総礼格,櫓(やぐら)方格。小野泉蔵とともに「拙斎遺稿」をあんだとされる。天保(てんぽう)9年10月10日死去。86歳。備中(びっちゅう)(岡山県)出身。本姓は藤井。名は貞固。字(あざな)は子幹。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中原蕉斎の関連キーワード羅城狩野永翁交寛美是一(3代)三鍼島富重樗雲特山平賀東巌妙船尼

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone