コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中原高句麗碑 ちゅうげんこうくりひ

1件 の用語解説(中原高句麗碑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうげんこうくりひ【中原高句麗碑】

韓国,忠清北道中原郡可金面竜田里の立石部落で1979年に発見された,三国時代高句麗の石碑。碑石は花コウ岩を使った四角石柱形を呈し,大きさはおよそ高さ135cm,幅56cm,厚さ37cm。前面には,第1行目の〈五月中高麗大王祖王令還新羅寐錦世世為願如兄如弟〉の23字に始まり10行,ついで左側面には同じく23字で7行まで銘文が残っているが,計391字分のうち,約244字が判読された。また,右側面でも7字分が判読されており,未判読の後面とともに,四面碑であった可能性が強い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中原高句麗碑の関連キーワード石部内臣漢江錦江忠清北道潘基文金面竜田彦竜田揚潘基文氏

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone