コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中和滴定 チュウワテキテイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうわ‐てきてい【中和滴定】

酸の標準液を用いて塩基を、または塩基の標準液を用いて滴定すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうわてきてい【中和滴定】

中和反応を利用した滴定。酸または塩基の溶液の濃度を知るために行う。濃度未知の酸(塩基)の溶液に濃度既知の塩基(酸)の溶液を加えてゆき、加えられた酸塩基指示薬の変色あるいは溶液の電気伝導度の最小点などにより中和点を知り、それから未知の酸(塩基)の濃度を計算する。酸塩基滴定。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中和滴定
ちゅうわてきてい
neutralization titration

定量分析の一種で、酸と塩基との中和反応を利用する滴定。塩基標準液(一般に水酸化ナトリウム)で酸を滴定する場合を酸滴定、酸標準液(塩酸、硫酸など)で塩基を滴定する場合をアルカリ滴定という。反応の終点を適当な手段で決め、このときまでに消費された標準液の容積から試料液中の酸あるいは塩基の量を算出する。滴定に使われる反応は、反応に関係する両物質の間に一定の関係があり、かつ定量的に反応することが必要である。両者の当量数が等しくなった点を当量点とよび、実験上で観察される反応の終了点を終点といい、両者ができるだけ一致するような条件を選んで滴定することがこの方法の重要な点である。とくに色変化を肉眼で観察し終点を決定する指示薬を使って終点を決める場合には、その指示薬の選定が重要である。[高田健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の中和滴定の言及

【指示薬】より

…いずれの場合も,微量でも変色がわかるように,染料あるいはその類縁化合物であることが多い。 ところで中和滴定における指示薬の変色を考えてみると,たとえば赤色から青緑色への変化は肉眼で鋭敏に識別できるが,赤色から黄色への変化はわかりにくい。一般に前者のように互いに補色の関係にある,色調に差のある色の間の変化が最もわかりやすい。…

【滴定】より

…一般に滴定法が可能となるためには,当量点においてなんらかの量が急変することが条件となる。上では沈殿滴定の例をみてきたが,酸と塩基の反応を利用する中和滴定ではプロトンの濃度(pH),酸化還元滴定では電子を授受する化学種の濃度(電位に関係),キレート滴定では金属イオンまたはそれと錯体をつくる化合物(配位子)の濃度などが大きく変わる。それに伴う測定物理量から分類すると,電位差滴定,光度滴定,伝導度滴定,温度滴定,電流滴定などがある。…

※「中和滴定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中和滴定の関連キーワードフェノールフタレインフルオレセインクーンロート法水酸化バリウム電位差滴定法酸塩基指示薬非水溶媒滴定高周波滴定機能性色素電気伝導度電導度滴定スルホン酸アルカリ度化学分析電気滴定容量分析重土水共洗い試薬濃度

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中和滴定の関連情報