コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容量分析 ようりょうぶんせき volumetric analysis

7件 の用語解説(容量分析の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

容量分析
ようりょうぶんせき
volumetric analysis

定量化学分析法の1つ。滴定ということもある。いま定量しようとする試料物質と,ある試薬がすみやかに,かつ化学量論的に反応し,反応が完結する場合には,この試薬の既知濃度溶液を用いて試料物質を滴定し,滴定に要する試薬溶液の体積を測定することによって試料物質の量を求めることができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ようりょう‐ぶんせき〔ヨウリヤウ‐〕【容量分析】

定量分析の一。溶液の体積を測定することによって定量を行う方法。ふつうは滴定分析をいい、試料溶液を濃度のわかっている標準液で滴定し、反応の終点まで加えた標準液の量から試料の量を知る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

容量分析【ようりょうぶんせき】

定量分析の一つ。試料溶液の一定量に,適当な試薬の既知濃度溶液を反応させ,反応に要した試薬溶液の量および濃度から試料成分の量を決定する。重量分析に比べ操作が簡易迅速なため工業分析をはじめ広く利用される。
→関連項目高周波滴定

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

容量分析

 滴定によって物質を定量する方法.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ようりょうぶんせき【容量分析 volumetric analysis】

測容器により体積を測定し,物質の量を求める方法。気体の体積を測定する場合もあるが,多くの場合は滴定と同じ意味に用いられている。滴定法は1855年ころにモールKarl Friedrich Mohr(1806‐79)により系統化された。中和滴定沈殿滴定酸化・還元滴定,錯滴定などがある。1946年ころにシュワルツェンバハGerold Schwarzenbach(1904‐78)によりキレート滴定法が開発されて金属イオンの定量が可能になり,広く応用面が開かれた

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ようりょうぶんせき【容量分析】

定量分析の一。体積の測定によって定量する化学分析法。普通、標準溶液を加えて反応させ、反応の終点までに消費した標準溶液の容量(体積)を測定し、その値から試料溶液に含まれる成分物質の量を算出する。 → 重量分析

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

容量分析
ようりょうぶんせき
volumetric analysis

定量分析の一種で、物質の体積を測定することによって定量を行う方法の総称である。溶液の反応体積を測定する滴定法と、ガスの体積を測定するガス容量分析法が含まれるが、一般には滴定法だけを容量分析ということが多い。滴定法は、試料溶液の一定体積中に存在する求める物質の全量を、それと定量的に反応するのに必要な既知濃度の標準液の体積を測定して知る方法である。未知試料を標準液で直接滴定する方法を直接滴定、未知試料に一定過剰量の標準液を加え、その過剰量を別の標準液で滴定する方法を逆滴定という。反応の終点は指示薬や電気化学的、光学的方法によって求める。滴定に使われる測容器であるメスフラスコ、ビュレットピペットなどは正確に検度されたものでなければならない。
 ガス容量分析法は、固体または液体試料にそれと反応する適当な試薬を加え、化学反応によって生成するガスの体積を測定して試料中の成分を定量する方法である。
 容量分析は操作が簡単で、精度も高く、化学量論に基礎を置くもう一つの定量法である重量分析法とともに広く用いられている方法である。[高田健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

容量分析の関連キーワード水量計密度外挿ユージオメーターホールボディーカウンター間接エネルギー測定法正味タンパク質利用率直接エネルギー測定法放射化学分析ドナッジオの試験

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

容量分析の関連情報