コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中国残留邦人 チュウゴクザンリュウホウジン

2件 の用語解説(中国残留邦人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゅうごく‐ざんりゅうほうじん〔‐ザンリウハウジン〕【中国残留邦人】

《昭和40年代末からの呼称という》昭和20年(1945)8月9日、日ソ中立条約を破棄してソ連軍が満州(中国東北部)に侵攻して以降の混乱の中で日本に帰国できず、やむを得ず中国にとどまった日本人。ほとんどが女性と子供である。厚生労働省は、当時13歳未満で身元不明の人を「残留孤児」、それ以外の人を「残留婦人等」と呼び分けている。
[補説]平成6年(1994)「中国残留邦人等支援法」が制定され、国による帰国促進と自立支援が行われるようになった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

中国残留邦人

主に旧満州(中国東北部)に開拓団などで移住したが、敗戦前後の混乱で家族と離別するなどし、やむなく中国に残った日本人。国は、敗戦時の年齢などから「残留孤児」「残留婦人」としており、国賠訴訟などを経て2008年から、老齢基礎年金の満額支給など支援を拡充した。厚生労働省によると、これまでに約6700人(県内は約50人)、家族を含めると計約2万900人(同約170人)が永住帰国した。

(2015-12-26 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中国残留邦人の関連情報