コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中尾都山(初代) なかお とざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中尾都山(初代) なかお-とざん

1876-1956 明治-昭和時代の尺八奏者,作曲家。
明治9年10月5日生まれ。尺八を独習し,虚無僧の旅で修行。明治29年大阪で教授をはじめ,都山流創始。独自の楽譜を考案し,民主的な家元制度を組織した。昭和28年芸術院賞。昭和31年10月10日死去。80歳。大阪出身。本名は琳三。作品に「木枯(こがらし)」「岩清水」「慷月調(こうげつちょう)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中尾都山(初代)の関連キーワード中尾 都山(3代目)中尾 都山(2代目)昭和時代

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android