コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩清水 いわしみず

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩清水
いわしみず

都山流尺八本曲。作曲1世中尾都山。 1904年,日露戦争戦勝祈願のため,京都の石清水八幡宮に参詣したおりに得た楽想によって作曲されたと伝えられる。3段から成り,初段,2段は独奏,3段は現在では2部合奏もされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわ‐しみず〔いはしみづ〕【岩清水/石清水】

岩の間からわき出るきれいな水。 夏》「湯を掬(むす)ぶ誓ひも同じ―/芭蕉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

いわしみず【岩清水】

長野の日本酒。酒名は、三代目蔵元の生家があった岩舟に清水が湧いていたことに由来。芳醇タイプの大吟醸酒、淡麗辛口の本醸造酒などがある。原料米は山田錦しらかば錦など。仕込み水は伊沢川水系の伏流水。蔵元の「井賀屋酒造場」は嘉永6年(1853)創業所在地は中野市大字中野。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いわしみず【岩清水】

尺八の曲名。都山(とざん)流尺八本曲の代表的な一曲。1904年(明治37),初世中尾都山作曲。作曲者が日露戦争の戦勝祈願のために石清水八幡宮(京都府)に参詣したおりに,神域の幽玄静寂な環境に感じて作曲した尺八独奏曲。曲は3段よりなる。八幡宮の名から取った曲名であるが,から滴る清水が流れとなり川となって海に注ぐまでの情景が意識されていると伝えられる。【上参郷 祐康】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いわしみず【岩清水】

岩の間からわき出ているきれいな水。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

岩清水の関連キーワード中尾 都山(1代目)中尾 都山(初代)中尾都山(1世)中尾都山(初代)石清水物語矢巾[町]岡村明美東洋美人水野年方都山流新冠川蹲踞開春

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩清水の関連情報