中山 玄雄(読み)ナカヤマ ゲンユウ

20世紀日本人名事典の解説

中山 玄雄
ナカヤマ ゲンユウ

大正・昭和期の僧侶,仏教音楽研究家 天台宗探題。



生年
明治35(1902)年6月28日

没年
昭和52(1977)年11月7日

出生地
滋賀県大津市

本名
中山 淳之助

旧姓(旧名)
葛野

学歴〔年〕
比叡山西部大学林〔大正14年〕卒

主な受賞名〔年〕
紫綬褒章〔昭和44年〕,芸術選奨文部大臣賞〔昭和51年〕「天台声明大成」

経歴
大正6年中山玄親に就いて得度。在学中、多紀道忍の指導で天台声明の研究に当たった。その後音楽家吉田恒三とともに、口伝えだった声明の採譜に努め、レコード吹き込みや保存に貢献。比叡山明徳院、同法曼院、同総持坊の住職を努め、昭和36年大僧正となった。また叡山学院教授、延暦寺の法儀音律研究所長、大正大学講師、天台勧学院長、叡山学院長、探題を歴任した。著書「天台声明大成」(共著)のほか「天台宗声明法儀全集」編集に従事。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

中山 玄雄
ナカヤマ ゲンユウ


職業
僧侶 仏教音楽研究家

専門
声明

肩書
天台宗探題

資格
無形文化財保持者(天台声明)〔昭和29年〕

本名
中山 淳之助

旧名・旧姓
葛野

生年月日
明治35年 6月28日

出生地
滋賀県 大津市

学歴
比叡山西部大学林〔大正14年〕卒

経歴
大正6年中山玄親に就いて得度。在学中、多紀道忍の指導で天台声明の研究に当たった。その後音楽家吉田恒三とともに、口伝えだった声明の採譜に努め、レコード吹き込みや保存に貢献。比叡山明徳院、同法曼院、同総持坊の住職を務め、昭和36年大僧正となった。また叡山学院教授、延暦寺の法儀音律研究所長、大正大学講師、天台勧学院長、叡山学院長、探題を歴任した。著書「天台声明大成」(共著)のほか「天台宗声明法儀全集」編集に従事。

受賞
芸術選奨文部大臣賞〔昭和51年〕「天台声明大成」 紫綬褒章〔昭和44年〕

没年月日
昭和52年 11月7日 (1977年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

中山 玄雄 (なかやま げんゆう)

生年月日:1902年6月28日
大正時代;昭和時代の僧侶;仏教音楽研究家。天台宗探題
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android