コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山巍 なかやま たかし

2件 の用語解説(中山巍の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中山巍

洋画家。岡山県生。葵橋洋画研究所で黒田清輝に、東美校で藤島武二に学ぶ。渡仏しヴラマンクに師事、フォーヴィズム・シュールレアリスムの影響を受ける。パリでの個展で好評を得て帰国後、二科賞受賞。1930年協会独立美術協会創立会員。女子美術大学教授。日本芸術院賞受賞。昭和53年(1978)歿、84才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山巍 なかやま-たかし

1893-1978 昭和時代の洋画家。
明治26年8月24日生まれ。黒田清輝,藤島武二にまなぶ。フランスに留学し,ブラマンクなどの影響をうける。昭和5年児島善三郎らと独立美術協会を創立。戦後女子美大教授をつとめた。27年「マチス礼讃」で芸術院賞。昭和53年5月19日死去。84歳。岡山県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の中山巍の言及

【明治・大正時代美術】より

…里見勝蔵(1895‐1981),前田寛治,佐伯祐三らがそうであり,彼らは木下孝則(1895‐1973),小島善太郎(1892‐1984)と一九三〇年協会を結成する。26年の第1回展には,古賀春江,野口弥太郎(1899‐1976),林武,林重義(1896‐1944),川口軌外(きがい)(1892‐1966),木下義謙(1898‐1996),宮坂勝(1895‐1953),中野和高(1896‐1965),中山巍(たかし)(1893‐1978),伊原宇三郎(1894‐1976),福沢一郎,長谷川利行,靉光ら,昭和期に活躍する青年画家が多く集まった。しかし一九三〇年協会は第5回展をもって終わり,その継続ともいえる独立美術協会が結成されて,31年第1回展が開かれる。…

※「中山巍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中山巍の関連キーワード黒田重太郎油谷達有馬三斗枝今井憲一大森商二刑部人後藤工志佐川敏子鈴木金平服部喜三

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山巍の関連情報