中山惟貞(読み)なかやま これさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山惟貞 なかやま-これさだ

1745-1791* 江戸時代中期の儒者。
延享2年生まれ。那波魯堂(なわ-ろどう)にまなび徂徠(そらい)学から朱子学に転じる。天明年間,京都の聖護院で塾をひらいた。のち聖護院門跡(もんぜき)の盈仁(えいにん)入道親王侍講となった。寛政2年12月20日死去。46歳。佐渡(新潟県)出身。本姓は鈴木。字(あざな)は子幹。通称は貞蔵。号は漸廬。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android