コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山惟貞 なかやま これさだ

1件 の用語解説(中山惟貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山惟貞 なかやま-これさだ

1745-1791* 江戸時代中期の儒者。
延享2年生まれ。那波魯堂(なわ-ろどう)にまなび徂徠(そらい)学から朱子学に転じる。天明年間,京都の聖護院で塾をひらいた。のち聖護院門跡(もんぜき)の盈仁(えいにん)入道親王の侍講となった。寛政2年12月20日死去。46歳。佐渡(新潟県)出身。本姓は鈴木。字(あざな)は子幹。通称は貞蔵。号は漸廬。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中山惟貞の関連キーワード片山北海ビターリ(父子)田村西湖尾藤二洲吉田篁墩九重山新内節真珠岩市川団十郎史跡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone