コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島三郎助 なかじま さぶろうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島三郎助 なかじま-さぶろうすけ

1820-1869 幕末の武士。
文政3年生まれ。幕臣。浦賀奉行与力。嘉永(かえい)6年ペリー艦隊の来航の際折衝にあたる。のち軍艦操練教授方,軍艦頭取。戊辰(ぼしん)戦争では榎本武揚(えのもと-たけあき)らと箱館(はこだて)に脱出,千代ケ岡台場で新政府軍とたたかい,明治2年5月16日長男恒太郎,次男英次郎とともに戦死。50歳。相模(さがみ)(神奈川県)出身。名は永胤。号は木鶏。
【格言など】ほととぎす我も血を吐く思ひかな(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中島三郎助

没年:明治2.5.15(1869.6.24)
生年:文政3(1820)
幕末の浦賀奉行所の幕臣。本名は永胤。相模国浦賀に生まれ,天保末年父の跡を継いで下田奉行所の与力となる。嘉永6(1853)年ペリー艦隊の来航に際し,浦賀奉行所副奉行を名乗ってアメリカ側と折衝した。安政2(1855)年長崎に派遣されて海軍伝習生となり,同6年軍艦操練教授方出役となった。洋式の軍事技術を習得し,長州(萩)藩の桂小五郎(木戸孝允)に砲術を教えたこともある。元治1(1864)年軍艦頭取出役。明治1(1868)年8月榎本武揚らが幕府艦隊を率いて蝦夷地に赴く際,軍艦開陽の砲術指揮者として同行し,箱館奉行並に就任した。翌2年2月箱館と五稜郭の中間に位置する千代ケ岱陣屋の守備を担当。同年5月政府軍の総攻撃が開始され,11日には箱館が占領され,三郎助は負傷した。政府軍の使者が来て降伏を勧めたがこれを拒み,15日の激戦のさなか,息子の恒太郎(22歳)・房次郎(19歳)と共に千代ケ岱で戦死した。50歳。木鶏と号して俳句を好み,「ほととぎす我も血を吐く思ひかな」が辞世の句といわれる。<参考文献>田島応親「中島三郎助逸事談」(『史談会速記録』203),河野常吉『北海道人名字彙』,加藤祐三『黒船前後の世界』

(長谷川伸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中島三郎助の関連キーワード大島 昌宏田島応親穂積清軒来原良蔵

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中島三郎助の関連情報