コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島千波 なかじま ちなみ

美術人名辞典の解説

中島千波

日本画家。昭和20年(1945)長野県生。父は日本画家中島清之。東京芸大大学院修了。在学中に院展初入選、以後受賞を重ねる。東京芸大教授。日本美術家連盟会員。東京住。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島千波 なかじま-ちなみ

1945- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和20年10月22日疎開先の長野県小布施生まれる。中島清之(きよし)の3男。平成12年母校東京芸大の教授。人間を題材とした「衆生」「形態」などのシリーズのほか,桜をはじめとする花鳥画など多彩な画題にとりくんでいる。また,宮尾登美子「きのね」などの挿絵もえがく。著作に「日本画の描き方」「中島千波画集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中島千波の関連キーワード原子爆弾投下ドイツ問題石川イギリス映画北朝鮮特攻隊闇市陸軍省嶋清一ルーズベルト

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中島千波の関連情報