コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中島千波 なかじま ちなみ

美術人名辞典の解説

中島千波

日本画家。昭和20年(1945)長野県生。父は日本画家中島清之。東京芸大大学院修了。在学中に院展初入選、以後受賞を重ねる。東京芸大教授。日本美術家連盟会員。東京住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中島千波 なかじま-ちなみ

1945- 昭和後期-平成時代の日本画家。
昭和20年10月22日疎開先の長野県小布施に生まれる。中島清之(きよし)の3男。平成12年母校東京芸大の教授。人間を題材とした「衆生」「形態」などのシリーズのほか,桜をはじめとする花鳥画など多彩な画題にとりくんでいる。また,宮尾登美子「きのね」などの挿絵もえがく。著作に「日本画の描き方」「中島千波画集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

中島千波の関連キーワードおぶせミュージアム・中島千波館長野県上高井郡小布施町小布施今治市大三島美術館

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中島千波の関連情報