コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中川紹益(初代) なかがわ じょうえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中川紹益(初代) なかがわ-じょうえき

1559-1622 織豊-江戸時代前期の金工。
永禄(えいろく)2年生まれ。武具を製作していたが,天正(てんしょう)のころ京都にうつり,千利休の求めで湯沸かしをつくり名声をえた。2代以降は浄益と改名,千家十職の一家として代々つづく。元和(げんな)8年6月23日死去。64歳。越後(えちご)(新潟県)出身。名は紹高。通称は与十郎。別号に道銅紹益。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

中川紹益(初代)の関連キーワード金工永禄

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android