コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガリア信仰告白 ガリアしんこうこくはくGallican Confession

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガリア信仰告白
ガリアしんこうこくはく
Gallican Confession

フランス改革派教会第1回全国教会会議が,1559年パリで採決した信仰宣言。ジュネーブカルバンがこの会議に送った 35ヵ条を基礎に,神,キリスト,聖霊,教会の4部 40条から成る。「聖書のみ」の教説を強調し,救霊予定説,カルバン的聖餐論などを展開。 60年フランス王フランソア2世に献呈され,71年ラロシェルでの第6回全国教会会議で内容を再検討,統一して再確認された。 A.ド・シャンデュがまとめ (1559) ,初めはフランス語,のちにラテン語で書かれた (66) 。フランスでは,ラ・ロシェルの信仰告白と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガリアしんこうこくはく【ガリア信仰告白 Confessio Gallicana[ラテン]】

別称《フランス改革派教会信仰告白Confession de Foi des Églises Reformées en France》,フランスにおける通称は《ラ・ロシェル信仰告白Confession de La Rochelle》。宗教改革期の改革派教会信仰告白の代表的なものの一つ。1559年フランス改革派を一つの組織に統合したパリの第1回大会(全国会議)において《教会規則》とともに採択された。告白も規則も草案はカルバンが書き,門弟たちが加筆した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android